クレアギニンEXは腎臓病に有効な数少ないサプリメントだ!

腎臓病の中にも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、機能の一つであるクレアギニンEXの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へ摂取したクレアギニンEXの量と尿へ排出されるクレアギニンEXの量を調整しなければならず、クレアギニンEXの摂取量を確認し軽減する必要があります。一般的なクレアギニンEXは、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜や生の果物と違ってふくまれているクレアギニンEXが、間ちがいなく多量です。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、日頃からクレアギニンEXを多量に摂取した場合、高クレアギニンEX血症を呈する危険性が多くなります。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、健康診断を習慣化し、病気と無縁の生活状態を意識することでいつもと変わらない健やかな生活を送ることができます。ただし、腎臓病の種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)によっては進行に気づかず無自覚なものもあるために、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。一日の食事の種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)や量についてや、また献立の工夫や、あるいはクレアギニンEXの抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)用特殊食品の使用が不可欠ですから、その治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を確かめます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質やクレアギニンEXをどのくらい摂っているかがわかります。腎臓の負担を軽くするためには、クレアギニンEX制限が必要です。適切なクレアギニンEX摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、なるべく生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などは、天然のだしを聞かせましょう。薄味でもおいしく食べることができます。たんぱく質が多くふくまれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく質食品」が市販されています。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談して頂戴。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品にふくまれている蛋白の量についてはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。開業医さんで食事指導をうけられないときは、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。CKD治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)の主なものは薬物治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)と食事療法で、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、その内クレアギニンEXは高血圧治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)の手間を省き、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は美味しくない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実行に移せない方がたくさんいます。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。腎臓は尿を創る臓器で背中に二つあって機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、これらの機能は我々の体にとってとても大切です。腎臓に関する治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)は病院に行って相応の対処も必要ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれがたくさん集まっている場所です。腎臓の主な働きは、たんぱく質の代謝により生じた血液中の老廃物や毒素といったものを尿と一緒に体外へ排出します。その他、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保つ、赤血球を作るクレアギニンEXや血圧調整、骨の組織に関係するクレアギニンEXを形成するなどの必要不可欠な働きをしています。腎臓の機能は一度失われると、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。近年の医療技術によって、それらの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)の困難さが軽減されたため、病態の回復までとはいかずとも、遅延も見込めます。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、透析療法や移植といった腎代替療法の中にもますます治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)法も増加しており、患者自身の現状に照らし合わせた最新の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)が期待できます。腎臓は働きが弱くなると病状が進んで腎不全へと推移します。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、長い期間を経て腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全は、状態に応じた治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を実行し容体が悪くなった原因を理解・解決する事によって、腎臓の機能回復が期待できます。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と伴にゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。

介護用宅配食はどれだけ歳を取っても食事を楽しめる

近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる可能性が高い状態をいいます。そしてフレイルの状態は、「サルコペニア」といわれる筋肉量の低下や、骨や関節そして筋肉がうまく働かなくなったことが原因で歩行や日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態に繋がってしまいます。そして十分な栄養を摂らないことこそが、最悪の事態を引き起こす原因なのです。食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、必然と用意するものも簡単なものになってしまうでしょう。そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。あまり食事をしたくないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、カロリーはごはんの半分以下なのです。そのためおかゆとともに、その他の食材をうまく組み合わせて、エネルギーと栄養をプラスしましょう。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、うまく水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。介護用食品はどれだけ歳を取っても食事を楽しめるために、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。介護をする方にとって、食べやすい食事を準備するのは大変です。介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、食べやすい料理をつくる手間も省けます。介護を受ける方もその家族も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くおすすめします。より食べやすい介護食を作るために、また介護する側も介護食を作る負担を軽減するためにも、調理器具があると便利です。介護食の特徴は柔らかく、なめらかな食感、咀嚼しやすいサイズです。フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできます。さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。老人ホームの食事は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、それの通りに調理された料理を提供していますが、特に食べるのが困難な方に対しては、その状態に合わせて調理されたものものが必須です。そしてさらに施設によってはミキサーなどの器具を使って作られた流動食ではなく、「ソフト食」と呼ばれる、食べ物の形もはっきりとしてなおかつ舌で簡単に押しつぶせる料理があり、うまく噛むことや飲むことができない方でも、味わって食べられる作り方を教えてくれる老人ホームもあります。体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、関節周りの筋肉量を維持するために質のよいタンパク質の多く含まれているものを積極的に摂るようにしましょう。そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材としておすすめできるのが卵と豆腐ですので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂ると良いでしょう。また肉や魚にも卵や豆腐とは異なるさまざまなアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、たくさんの品目を毎日食べている人は、歳を取っても活動範囲が狭まることもなく、いつまでも健康でいられるそうです。加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。以前食べていたものを簡単に食べられなくなり、飲み込むときに喉につかえてしまうことが多くなり、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こすおそれもあります。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、食べる量そのものが減ったりして栄養不足になっていることがあります。食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食に対する意欲が薄れてしまいます。無理なく口に運べるか、飲み込むときに無理はないかなどに注意深く気を使っています。高齢者は唾液が分泌されにくくなるため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。食べる力は加齢や病気によって衰えます。介護食は食事が思うようにできない方のための食事ですが、ひとりひとり機能の程度は違います。問題なく食事をするための目安として介護食のレベルがあります。食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、病院や施設と同じように家庭でも問題なく食事を行うためにとても役立つ指標です。完成された料理をそのままペースト状にして出すことが病院では一般的で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。入院生活を送っている高齢者の方の食事があまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、多くが見た目や味の悪さなので、家庭で用意するときは料理を丸ごとペースト状にするような食事は作らないと決意しました。入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。少しずつ分けて冷凍保存しておけば、忙しいときでもすぐに食事の用意ができることに気づきました。