クレアギニンEXは腎臓病・頻尿に有効な数少ないサプリメントだ!

腎臓病の中にも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、機能の一つであるクレアギニンEXの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へ摂取したクレアギニンEXの量と尿へ排出されるクレアギニンEXの量を調整しなければならず、クレアギニンEXの摂取量を確認し軽減する必要があります。一般的なクレアギニンEXは、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜や生の果物と違ってふくまれているクレアギニンEXが、間ちがいなく多量です。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、日頃からクレアギニンEXを多量に摂取した場合、高クレアギニンEX血症を呈する危険性が多くなります。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、健康診断を習慣化し、病気と無縁の生活状態を意識することでいつもと変わらない健やかな生活を送ることができます。ただし、腎臓病の種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)によっては進行に気づかず無自覚なものもあるために、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。一日の食事の種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)や量についてや、また献立の工夫や、あるいはクレアギニンEXの抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)用特殊食品の使用が不可欠ですから、その治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を確かめます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質やクレアギニンEXをどのくらい摂っているかがわかります。腎臓の負担を軽くするためには、クレアギニンEX制限が必要です。適切なクレアギニンEX摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、なるべく生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などは、天然のだしを聞かせましょう。薄味でもおいしく食べることができます。たんぱく質が多くふくまれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく質食品」が市販されています。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談して頂戴。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品にふくまれている蛋白の量についてはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。開業医さんで食事指導をうけられないときは、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。CKD治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)の主なものは薬物治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)と食事療法で、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、その内クレアギニンEXは高血圧治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)の手間を省き、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は美味しくない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実行に移せない方がたくさんいます。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。腎臓は尿を創る臓器で背中に二つあって機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、これらの機能は我々の体にとってとても大切です。腎臓に関する治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)は病院に行って相応の対処も必要ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれがたくさん集まっている場所です。腎臓の主な働きは、たんぱく質の代謝により生じた血液中の老廃物や毒素といったものを尿と一緒に体外へ排出します。その他、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保つ、赤血球を作るクレアギニンEXや血圧調整、骨の組織に関係するクレアギニンEXを形成するなどの必要不可欠な働きをしています。腎臓の機能は一度失われると、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。近年の医療技術によって、それらの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)の困難さが軽減されたため、病態の回復までとはいかずとも、遅延も見込めます。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、透析療法や移植といった腎代替療法の中にもますます治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)法も増加しており、患者自身の現状に照らし合わせた最新の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)が期待できます。腎臓は働きが弱くなると病状が進んで腎不全へと推移します。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、長い期間を経て腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全は、状態に応じた治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を実行し容体が悪くなった原因を理解・解決する事によって、腎臓の機能回復が期待できます。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と伴にゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。